ほとんどのバラを切りました

真夏の様な熱い日差しの中、朝からお昼までかかって
夫と二人で庭のバラをほとんど切ってしまいました
ここのところの陽気で一気に咲き進み、花柄がとても汚くなってました

明日、音楽仲間が2人来てくれるので
出来れば、もう一日何とかもたせたかったのですが
もう、限界状態でした、こんなに汚くなったバラを見て貰っても
どうしようもないと思ったので、ごめんなさいです

c0204121_14262753.jpg


よく聞く言葉
孫は来て良し帰って良し

孫が来て、可愛くて嬉しいけれど
長時間相手していると、すっかり疲れてしまって
帰って行くと、ほっとすると言う訳です

私はバラにもそんな言葉が当てはまると思うのです
バラは咲いて、とっても嬉しいけれど
毎日の花柄摘みや掃除、水遣りと
結構朝からお昼頃まで庭で動き回っているので

バラを切ってしまうと
やれやれと言うほっとする気持ちになるのです

これからは庭の主役はバラからアジサイにバトンタッチ
もう蕾が色づいているのもあって楽しみです
アジサイは本当に手がかからないから良いですよね
鉢植えのは水切れだけ気をつけておけば良いですものね

さて、今日はバックヤードの写真を載せます

西側隣家との境の通路の奥に
白のフェイクのウォールがあり

c0204121_14361474.jpg


c0204121_14364743.jpg

そこに、ポールズヒマラヤンムスクが彩を添えてくれています
c0204121_14385330.jpg

このバラも今日カットしてしまいましたが・・・

ここを右に入ると、縦長の幅の狭い通路があり
私はにとっては一応バックヤードです
c0204121_1440151.jpg


通路の手前右のクーラーの室外機を木製のカバーで隠し
多肉コーナーを作っています
c0204121_14424432.jpg


c0204121_14431740.jpg

この5つ並んだ小さなポットは、庭の倉庫をペイントした時に
余ったペンキで塗りました
c0204121_14433660.jpg

この横長の器は、以前姉が花屋をしていた時に使っていた物です
このバラの時期に来て下さるお客様にも見て貰おうと
多肉を足して、仕立て直しました
c0204121_14435715.jpg

この青銅の妖精は、3年前の7月に花友達と行った
東イングランドの旅の最終日、ハンプトンフラワーショーの出店で買った帰った物
重いし、その頃自宅の一部屋で雑貨のお店をやっていたので
日本でも簡単に手に入るのに、何故かどうしても買って帰りたかった物です
サビついて、お顔も綺麗ではないですね^^;

午前中暑い中の庭作業で疲れて
夫はソファーでお昼寝中です
私も少し横になりたいけれど、食材のお買い物に行って来ま~す
by yokkofire | 2016-05-22 15:05 | ガーデニング
<< バラと相性が良いカラドンナ 今朝の庭から・・色々咲いています >>