2015年 08月 14日 ( 1 )

東北旅行3日目、午前中はニッカウィスキー・宮城峡蒸留所へ

今日も朝から小雨が降る、こちら仙台市でしたが
朝一番に、ニッカウィスキー・宮城峡蒸留所へ行きました

c0204121_2337358.jpg

私達もそうなのですがNHKの連ドラ、マッサン人気で多くの方に
ニッカウヰスキーがどうやって生まれたかよく、知られる様になりましたね
ドラマでは、マッサンとエリーでしたが
実在した、竹鶴 正孝と妻・リタの夫婦愛も大きな見どころでしたよね
このパネルには、2人の色々な場面の写真がありました
c0204121_23395488.jpg

マッサンの舞台になったのは北海道・余市でしたが
余市に続いて2番目に造られたのがこの宮城峡蒸留所です

マッサンのモデルとなったニッカウィスキーの創始者
竹鶴 正孝は1967年に宮城峡の新川の水でウイスキーを割り
c0204121_23392470.jpg


ひと口飲んで宮城峡蒸留所建設を決めたのだそうです
一年を通じて湿潤な気候も理想的で周りを山々に囲まれた
森から生まれる澄んだ空気に守られゆっくりと熟成を重ねながら
香りと軽やかなウイスキーの味わいを得ていくのだそうです

c0204121_23412261.jpg


c0204121_23415970.jpg


c0204121_23422316.jpg


マッサンは、後継者に蒸留所の建物は絶対レンガでと言い残した通り
どの、建物も赤レンガで統一され、周りの山々や敷地内の豊かな緑との
コントラストがとても、綺麗でした

c0204121_23463672.jpg


敷地は東京ドーム3個分くらいの広さで
この様に、敷地内に造られた池では、白鳥が優雅に泳いでいました
c0204121_23414158.jpg


c0204121_23485074.jpg


いつでも、見学OKになっていて、お盆休みもあって
家族連れの観光客で、いっぱい
見学案内ガイドさんが何人もいて、30分おきに案内してくれます

c0204121_23513075.jpg


このポットスチール
マッサンのドラマで何度も出てきましたよね

c0204121_23525569.jpg


c0204121_23531189.jpg


熟成中の樽が並ぶ棟の中です
c0204121_23542471.jpg


c0204121_23544015.jpg

そしてこれが、昭和44年仙台工場竣工の年の樽です

c0204121_23561517.jpg

ツアーの最後は、試飲コーナーへ・・・

c0204121_23574491.jpg

右から、鶴17年、宮城峡、左端に氷を入れたのがアップルワインです
私は、お酒が強い方ではないので、アップルワインが一番飲みやすかったけど
これ、アルコール度数22度なんですよ

因みに、ドラマをご覧になっていた方はご存じだと思いますが
マッサンは、ウイスキー作りにとりかかる前は
余市のリンゴでアップルジュースを製造販売して
会社名を、日本果汁株式会社としたそうです
後に、この日本のと果汁のをとってニッカと名付けたのだそうです


ニッカウィスキー・宮城峡蒸留所見学が終わり
次の目的地へ走りました
続きます・・・
by yokkofire | 2015-08-14 23:50 | お出かけ