2017年 09月 09日 ( 1 )

シャンテロゼミサトはバラの貴公子の思い出

昨晩は音楽仲間のご主人のお通夜に行ってきました
50代と言う若さで現役の働き盛りと言う事もあり
沢山の方が弔問にいらしてました
会場に入って遺族席に座る彼女の姿が目に入った時
こみあげてくるものがありました
週に一度、いつも近くの席に座って
音楽の練習をしてしている仲間です
なんとか回復して欲しい、そんな想いの彼女は
そう話しながらも笑顔を忘れない人です
私はきっと、大丈夫よって励ます事しかできなかった
最後まで諦めず、ご主人と共に戦ってきたと思う
昨日の彼女は疲れている様にも見えたけど
とても穏やかにも見えた
歌う事が大好きな彼女
歌う事で癒され
歌う事で元気になって欲しい
又、一緒に歌える日を待っています



さて真夏の暑い時にも、バラ達は
ぽつぽつと花を咲かせてくれました
朝晩は、めっきり涼しくなり
バラ達もきっと一息ついている事でしょう

シャンテロゼ・ミサトを一輪カットして
キッチンカウンターの上にに活けました
バラが、たった一輪そこにあるだけで
その場が華やぎますね
c0204121_20415356.jpg
シャンテロゼ・ミサト

このバラは「バラの貴公子」でも知られる大野耕生さんが
c0204121_20580048.jpg
フランスの「デルバール社」にリクエストして、
新種のピンク色のバラを作り
歌手の渡辺美里さんに捧げたバラで
バラ好きの間では、あまりにも有名なバラです



7年前に信州へ旅行した時
軽井沢レイクガーデンで「バラの貴公子」大野耕生さんと
ツーショットで写真を撮って貰った事があり
c0204121_12063989.jpg
ちょうど7年前の9月の終わり頃だったけど
真夏の様なきつい日差しで目を開けられない程だった
太陽がまぶしかったのか、彼がまぶしかったのか・・フフ
この時は今思い出しても信じられない程
貴公子を独り占めできたのです💛💛💛

この時から数年後
国際バラとガーデニングショーで見た時には
周りにファンがいっぱいで側に近づく事もできなかった


あれからもう、7年か~
月日の経つのが、ナント早い事
良い思い出です

by yokkofire | 2017-09-09 06:40 | ガーデニング | Comments(4)