2代目、牡丹・玉兎の蕾が・・・

TVの昼ドラマで、薔薇と牡丹と言うのがありましたよね
数え切れない程の花々の中で、美しさ、豪華さ、華やかさの
いずれ劣らぬ女王の座を競う、2つの花が
薔薇と牡丹ではないでしょうか?

私は、どちらが好きかと言えば
やはり、薔薇の方が好きですが・・

今から7年前の春、今は閉店になってしまった
大きな園芸店があり、そこの店は
牡丹の品揃えが凄かったのです

それまで、ほとんど牡丹には興味のなかったのに
黄色、赤、紫、白、と並んだ鉢の中に
この、ほんのり桜色がかった
牡丹・玉兎に目が釘付けになりました
何て、美しいのでしょう!!
何て、清楚なのでしょう!!
まるで、初めて舞踏会にデビューする
若くて、清楚な貴族のお嬢様と言う雰囲気に
私は、魅了されたのでした
c0204121_09435244.jpg
そして、その2010年から、毎年2輪の花を咲かせてくれました
ある年には、3輪咲いた時もあったけど
鉢植えなので、買った時の大きさのままで
2016年まで、元気だったのですが
去年2016年には、枝が弱弱しくなっていて
今にも折れそうになりながら、蕾を1個だけつけてくれました

が・・・・ある日、見に行くと
昨日まで元気だった蕾が、無残にも
何の虫かに、蕾のほとんどを齧られていて
その年には、花を見る事ができなかったのです
6年の間、毎年私を喜ばせてくれた
玉兎は、その後、枯れてしまいました

ああ、これで、もうあの美しい姿を見る事ができないと
諦めざるを得ませんでした

年が明けて、今年2017年の始めに
ピンポーンと宅急便が届き
ハンコを持って出た私の目に入ったのは
段ボールに収まった玉兎でした

私が、あまりにガックリしていたので
夫が、内緒で、あちこちとネットで捜して取り寄せたのでした


おおおおお・・・
今年は、又、あの美しい玉兎が見れるのよ~
c0204121_09534849.jpg
朝日を浴びている、ぷっくりした
2つの蕾・・・嬉し過ぎる~


最後まで、私の 牡丹・玉兎の物語に
付き合ってくださって、有難う(笑)


# by yokkofire | 2017-04-17 09:58 | カナダのファミリーの事

茶花として広く愛されてきた利休梅

清楚な白い花を咲かせる利休梅が
今年も満開になってきました
c0204121_21421946.jpg


この利休梅は、約15年前にガーデニングを始めて
初めてお知り合いになったhanaさんのHPで見て
一目惚れして、苗木を捜して植えつけたのです
樹齢からすると、かなり大きく育っているはずなのですが
我が家の小さな庭では、コンパクトに育てるしかなく
枝を少なくしている為に、よそのお庭で伸び伸びと
枝を大きく広げて咲いているのを見て
いつも羨ましいなと思っていますが
c0204121_21440703.jpg
たとえ、コンパクトなサイズでも、やっぱり
一目惚れした清楚な白い花、大好きです

c0204121_13532996.jpg


c0204121_21445723.jpg

# by yokkofire | 2017-04-16 06:30 | ガーデニング

夫と2人のお花見ツアー、龍安寺、妙心寺

午前中に行った3つのお寺は
訪れる人が少なくて、ゆっくりとお花見を楽しみましたが
午後からは先ず、龍安寺へ、石庭で有名な龍安寺は
観光客が多いので、誰か遠方から友人、知人が
来る時に行った程度なので、この前はいつだったか
思い出せない程、前だったと思います

案の定、観光バスやタクシーがいっぱいで
ちょっと、うんざりしたかな
c0204121_14284600.jpg

c0204121_14290749.jpg
c0204121_14292924.jpg
人が多いので、早めに退散して
最後に、妙心寺・退蔵院へ
ここを訪れのは、2度目です
前回は、行くのが少し遅かったので
有名な枝垂れ桜が終わりかけだったので
今回は、バッチリ時期が合いました
c0204121_14372947.jpg
c0204121_14380724.jpg
c0204121_14391990.jpg
c0204121_14401440.jpg
c0204121_14431665.jpg
c0204121_14440694.jpg
c0204121_14445174.jpg
c0204121_14453649.jpg
ここでも、茶室でお抹茶と頂きました
c0204121_14465665.jpg
茶室から、眺める枝垂れ桜が素敵でしたが茶室の前に
多くの人が立ち止まって写真を撮るので花見ているより
人間ウオッチングしているみたいでした^^;;
c0204121_14502967.jpg
出口に向かう時に目についたこの花はぼけの花でした
私は、近所で毎年派手な赤い花を咲かせるぼけの花を見ていたので
ぼけの花って、皆赤だと思ってましたが
白い花もあったんですね~
と言っても、部分的に赤味がかってますね
c0204121_14512901.jpg
朝9時過ぎに家を出て、帰り着いたら5時近くでした
一日で5箇所の桜の名所を周り
今年も短い桜の時期を、満喫できました(^^♪


# by yokkofire | 2017-04-15 08:57 | お出かけ

夫と2人のお花見ツアー、その3・城南宮

水曜日に行った夫と2人のお花見ツアー3箇所目は城南宮です
c0204121_13530061.jpg
国常立尊、八干矛神、神功皇后を祭神とする神社
平安遷都のころの創建と伝えられる古い社で
方除の神として信仰を集めている
毎年春と秋の2回行われる曲水の宴の行事で有名
神苑は源氏物語花の庭と呼ばれ四季折々の美しさを見せる


源氏物語花の庭・・・楽水苑(城南宮神苑)


c0204121_14141877.gif

貴族扮した人達が「遣水(やりみず)」と呼ばれる
曲がりくねった小川の畔に座して上流から流れてくる
朱色の酒杯が目前にくるまでに一首詠んで短冊にしたため
酒を飲みます。流れの上手の者が上の句を詠んで流し
下手にいる者がそれを受け下の句を詠む「曲水の宴(うたげ)」が
平安の庭において春(4月29日)と秋(11月3日)に行なわれ
王朝の雅を再現します。平安末期
当地に白河上皇が鳥羽離宮を造営し院政を執りました
城南宮は平安京、離宮の守護神として崇められ
梅・桜・つつじ・藤・ササユリが美しく
「源氏物語」に因む草花が100余種類植栽されています

c0204121_13533924.jpg
c0204121_13535621.jpg
c0204121_13541924.jpg
茶室の窓から見える枝垂れ桜を見ながら
c0204121_13550326.jpg
お抹茶を頂きました
c0204121_13563630.jpg
c0204121_13574563.jpg

ヤマブキはまだ、咲き始めでした
c0204121_13581437.jpg
c0204121_13591539.jpg
この菱唐糸と言うピンクの八重の椿
まるでバラみたいです
c0204121_14003430.jpg
c0204121_14010613.jpg
朝9時過ぎに家を出て
小野小町のゆかりの寺・髄心院
続いて、墨染め寺、城南宮
この3箇所のお寺は、人もまばらだったので
ゆっくりと、お花見が楽しめましたが
この後昼食を挟んで訪れた、龍安寺、妙心寺は
人がいっぱいでした

お花見ツアー、その4へ続く

# by yokkofire | 2017-04-15 06:36 | お出かけ