2018年 10月 29日 ( 1 )

農家レストラン・畔(ほとり)

中身の濃い思い出深い九州旅行から戻りちょうど半月
仕事や抱えていた、幾つかの案件も
ひとつずつ、片付き、旅行記も書き終えた

睡眠障害で、一日の睡眠時間3時間と言う日もあり
寝不足との戦いも、やっと落ち着いてきたので
これで、やっといつもの生活が戻ってきた様だ


さて、もう20日程も前の事になるが
音楽仲間と、久しぶりにロクサロンでの歌声に行き
その前に仲間の一人が予約してくれていた
農家レストラン・畔(ほとり)
(あぜと読むと思うのですが、ほとりとも読むみたいですね)


場所は、田舎道を走って行った先にあり
誰かに連れて行って貰わないとわからない様な場所でしたが

「今日は、からだにいいもの食べたなあ。」がコンセプトの
自家農園で作った新鮮野菜と体にいい食材を使った
田舎の家庭料理のお店でした



c0204121_08153481.jpg

c0204121_08072876.jpg
c0204121_08071577.jpg
c0204121_08074586.jpg
このセットがすべてのメニューに付き
c0204121_08202455.jpg
メインは、4種類位あったかな
私は、まぐろの焦がし醤油
c0204121_08220335.jpg
アジフライや幾つかのメインも有りましたよ

c0204121_08225128.jpg
数種類のお漬物とご飯はお代わり自由です
(選べるメイン、小鉢5品,サラダ、ご飯、お味噌汁)で1300円
コーヒーデザート付1500円と良心的で嬉しい💕

食事も嬉しかったのだけど

女性のオーナーさんのお友達が
着物をほどいて作られるアクセサリーや
ランチョンマットやティッシュカーバー等は
とても良心的な価格でした

オーナーさんが作家さんにもっと、高く値段つけたらと
言っても、作家さんが楽しんで作っているから良いのと
おっしゃるそうです

私は、リバーシブルになったランチョンマットと
c0204121_08292256.jpg
ティッシュカーバーを2つ買って帰りました(嬉)
c0204121_08302260.jpg
家へ帰ると早速、いつものダイニングテーブル端を
洋風から、和風へ模様替えをしました
c0204121_08320816.jpg
c0204121_08314760.jpg
ティッシュカーバーの柄とリバーシブルのランチョンマットの
カバーと同じ柄の方を出しています
c0204121_08352856.jpg
c0204121_08355855.jpg
そして、ランチョンマットの無地の方はこんなです
c0204121_08363735.jpg
器が好きなカナダの妹がプレゼントしてくれた
高価なペアーのお椀・・自分では絶対買えないけど
妹、曰く、普段につかってこそ意味があると・・・(-_-)

ハイ、言われる様に普段に有りがたく使わせて貰ってます(笑)


by yokkofire | 2018-10-29 08:47 | お出かけ